自分で出来る!市販の薬剤でトイレのつまりを直す方法

   救急水道サービスの   お役立ち記事


【トイレつまりを薬剤で解消する方法〜】

トイレが詰まり便器から水が溢れるようになった時は本当に困りますよね。
そこで今回はトイレ詰まりの解消方法をご紹介します。
トイレが詰まる原因を知る事は、つまりの予防にもなりますので、是非参考にしてみてください。

トイレットペーパーでつまる

【原因1】
トイレットペーパーを大量に流すと密度が高まり溶けづらく、つまりが発生します。
また、「トイレに流せる」と言われている品でも現在のトイレは水量が少なく、つまってしまう事も多々あります。
原則としてトイレットペーパー以外は流さないようにしましょう。

固形物(溶けない物)でつまる

【原因2】
さらに携帯電話やスマホ、ボールペンなどの固形物をトイレに落とした時はすぐに回収しましょう。
これらもつまりの原因となり、深い所までいってしまうと溶けない物である事から、トイレットペーパーのつまりよりも解消作業に費用と時間がかかってしまいます。

油分でつまる

【原因3】
最後に油分の多いものは排水管にこびりつきます。
吐瀉物(としゃぶつ)や、残飯なども、つまりの原因となります。

人気のお役立ち記事

薬剤で解消させる

【解消作業でおすすめの薬剤】
トイレの詰まりを薬剤で解決したい場合にオススメの薬剤と、使用についての注意点をご紹介します。

サンポール

【尿石の除去】
尿石とは、便器内部にこびりつく尿からできた硬いカルキのような物で、放置していると大きく固まった尿石にトイレットペーパーなどが引っかかり、トイレのつまりを引き起こします。
除去には「サンポール」がおすすめですが、トイレの樹脂部分に使うと腐食することがあるため注意が必要です。
半年に一回くらいのスパンで、夜寝る前などに少量のサンポールを便器に直接流し込み、朝まで放置するだけで尿石は綺麗になくなります。

ピーピースルー

【トイレットペーパーを溶かす】
固形物などを落としてなく、トイレットペーパーがつまりの原因である場合には「ピーピースルー」がおすすめです。
ピーピースルーはトイレットペーパーや排泄物を溶かしてくれる頼もしい存在です。
サンポールと同じく、少量を便器に流すと1時間程でトイレットペーパーや排泄物が溶けてつまりが解消されていきます。
「流れがいつもと違うな」と感じた時に薬剤を使ってみると良いでしょう。
また、トイレ以外の排水管の詰まりにも使うことができるので、常備しておくととても便利です。

重曹とお酢

【トイレットペーパーを溶かす.2】
重曹1:酢2の割合で混ぜ合わせた液体を
便器に直接投入し、1時間程放置。
最後に50〜60°程のお湯を便器に流し込めばつまりは解消されます。

最後に

【つまりが解消できなかったら?】
一言で「トイレのつまり」と言っても様々な要因が考えられます。
自分で色々と試してみても改善されない場合には無理をせず、専門の業者さんへお願いしましょう。

水まわりのトラブルでお困りですか?

お気軽にお問い合わせください

(年中無休・24時間対応ダイヤル)

出張費 0円
お見積り 0円
キャンセル料 0円
深夜料金 0円
クーリングオフ 対応
無料保証 対応
アフターサービス 対応
部品代 必要な場合
記事一覧を見る